» 未分類のブログ記事

軽油について

| 未分類 |

軽油とは、ディーゼルエンジンの車の燃料として使われるものです。
セルフ式のスタンドでは、間違えないように「ディーゼル」と表記してある場合があります。
ガソリンと軽油の違いは幾つかあります。
まず、色が違います。
前者が無色透明なのに対して、後者はやや黄色味がかっています。
沸点は前者よりも後者の方が高いのですが、逆に着火点が低いため、点火プラグを使わないディーゼルエンジンは自力で発火することができます。
ディーゼル用の燃料として求められることは、着火性の良いことです。
点火プラグを使わないため、着火性が悪いとエンジンをスムーズに回すことができません。
次に、排気ガスに含まれる成分も違います。
前者のエンジンは、主に二酸化炭素・一酸化炭素・炭化水素が排出されるのに対して、後者のエンジンはPM(粒子状物質・ばい煙)・窒素酸化物が排出されます。
また、前者よりも後者の方の価格が安い理由は、税金のかかる金額が少ないからです。
よって、それが販売価格に反映されています。
前者にかかる税金が国税なのに対して、後者にかかる税金は地方税です。
前者の税金の納税義務はメーカーにあるのに対して、後者の税金の納税義務は消費者にあるために、消費税のかけ方にも違いがあります。

ハイオクについて

| 未分類 |

ハイオクとは「ハイオクタン」の略語で、「オクタン価」が高いという意味です。
オクタン価とは、ノッキングの起こりにくさを数値化したものです。
ノッキングとは、燃料の異常燃焼を引き起こす度合いを表します。
燃焼が適切に行われないとエンジンにダメージを与え、走行に支障をきたします。
オクタン価が高いほど、引火点が高く燃えにくいガソリンです。
燃えにくいということは、これに含まれる炭素と水素の化合物(炭化水素)をより大きく圧縮することができるということですので、燃焼時のエネルギーが大きくなり、ノッキングが起こりにくくなります。
レギュラーを入れてはいけないとよく言われる理由は、高圧縮で引火点が早めに設定されているため、安定した燃焼が期待できないためです。
それに伴い、ノッキング(異常燃焼)の危険性も高まります。
ノッキングの威力は大変恐ろしいもので、エンジンに致命的なダメージを与えてしまいます。
最近の車は、高性能で電子制御されておりノッキングセンサーが搭載されているものですので、レギュラーを入れたからといって故障することはありませんが、少なくとも本来の性能を充分に発揮できないことは確かです。
レギュラーの方が安いからといって入れることは、リスクの高いことです。

自動車をはじめとするエンジンを搭載した乗り物などで、燃料燃料として用いられる石油にガソリンがあります。
自動車用の燃料は大きく分けて3種類の燃料があります。
ディーゼルエンジンに用いられる軽油、それ以外にはレギュラーハイオクと種別が分かれます。
この2つの燃料の違いはオクタン価と言う数値の違いです。
エンジンなどの火花点火機関において起こる異常燃焼の一種で、正常な燃焼による火炎が到達する前に、末端の燃料及び空気混合気が自発発火することによって起こり、急激な燃焼による大きな圧力変動のために金属性の打撃音が発生することをノッキングと言います。
このノッキングはオートマ車ではエンジンの改良により高性能となり起こりにくくなりましたが、ノッキングの起こりにくさを数値化したもので、とくに最近の高性能エンジンを搭載した高級車であればノッキング耐性の高いハイオクを入れることが進められるため、ハイオク仕様となります。
高性能な高級車や過給機が搭載された車にハイオク仕様が多いです。
ハイオク仕様車にレギュラーを入れると故障の原因となるため必ずハイオクを入れないといけないような説明があるのですが、現在ほとんどの車で両方の燃料対応が出来ます。
多少に燃費悪化がありますが、燃料が安いので費用対効果は効果は変わりません。

ガソリンの種類は、レギュラーとハイオクの2種類あり、エンジン内でのノッキングの起こりにくさを示すオクタン価の違いによって分類されており、オクタン価が高くなると燃焼効率が良くなります。
日本工業規格では、オクタン価がレギュラーが89以上、ハイオクが96以上と定められており、一般的には90から92がレギュラーで、98から100がハイオクとなっています。
レギュラーは一般的なエンジンに使用され、ハイオクは高性能エンジンに使われる事が多く、洗浄剤が添加されています。
レギュラー仕様車にハイオクを入れると、燃焼効率が良くなり燃費が良くなったり出力がアップするなど言われていますが、圧縮比の高いエンジンのノッキングを防ぐ目的で作られた燃料であるので、燃費や出力アップの効果は低くなります。
また、洗浄剤によるエンジン内部の洗浄効果は多少期待されていますが、近年のエンジンはコンピューター制御されているので、理想的な燃焼効率によって、エンジン内部は比較的クリーンな状態です。
ハイオク仕様車にレギュラーを入れると、エンジンに致命的な損傷を与える事は少ないですが、燃焼効率が下がり5%から30%程度の出力低下や、ノッキング制御のために燃料冷却を行い燃費が悪化する傾向にあります。

普段利用しているガソリンスタンドに行く目的の多くは給油ではないでしょうか。
ただほとんどでサービスステーションを設置しているケースが多いだけに、洗車や車のメンテナンスにも利用できます。
例えば、走行中にくぎを踏んでしまってパンクしてしまったというとき、パンク修理もできるのです。
しかも応急的措置でなく、恒久的措置によるパンク修理だから、ほぼタイヤの寿命に近い寿命となるのがメリットです。
パンク穴を接着剤を塗ったゴムで塞ぎ、そのゴムが走行中の摩擦熱でタイヤのゴムと一体化します。
この時、穴の外側だけでなく、内側のチューブまでゴムが差し込まれますから、内側から空気が漏れる心配はありません。
処置後、外側から郷がちょっとはみ出す場合もありますが、100㎞も走れば本人以外は気づかないほどに一体化します。
ただし、一体化するまで、どこぞの誰かにいたずらされてペンチで引っこ抜かれるなんていう輩もいないとも限りませんから、駐車時はできるだけ穴が接地位置になるように止めればOKです。
お値段は各スタンドで異なりますが、一か所当たり1500円から2500円ほどになります。
作業時間は穴の発見にどのくらいかかるかは別として、発見されれば数分で終わり、その後接着剤が乾くまでやはり数分待つだけですので、応急的な修理でまたいつ空気が漏れないか心配するよりは十分にその価値ありの修理内容です。

車検について

| 未分類 |

自動車を所有している方は、車検をどのようなところでされているのでしょうか。ディーラーや整備工場などでされている方も多いと思いますが、ガソリンスタンドでも頼むことができます。
整備士がいるスタンドで実施されており、最大のメリットは何と言っても安価であることです。車種にもよりますが、ある程度のお金を支払わなければならないので、リーズナブルであることは、自動車のユーザーとして選ぶ基準のひとつになっているはずです。安く済ませたいという方にはうってつけでしょう。また、特典が付いてくることが多く、その点でもお得に感じます。
もうひとつメリットを挙げると、営業時間が長いところが多いため、それに伴って受付の時間も長いというところです。また、ガソリンを入れに行ったついでに見積もりや予約を取ることができ、とても手軽です。忙しい方には受付が時間が長い方が助かるはずですし、手軽さも重要です。
安さと手軽さを備えていれば、あとはクオリティーの問題になると思いますが、これに関してはバラつきがあるようです。ですので、スタンドでガソリンを入れる以外のことを頼んでみてから、信頼ができそうであれば車検を考えてみるというのも良いでしょう。

色々な地図上では、その地域にある施設が表記されていますが、その中には正式名称を略されて表記されているものもあります。その例としてよくあるものがガソリンスタンドで、アルファベットを用いて簡単にGSとかSSとの表記がされている事がありますので、このような事を理解しておけばある程度は安心して道路地図を見る事ができるようになるでしょう。
日常的にもGSを利用する事が多くありますが、通常このような施設を利用されるという事は、一番の目的はやはり燃料を補給するために利用するという事となるでしょう。勿論このような利用方法が一般的にはなされている事ではありますが、その他の目的で利用されるような事も多くあります。
今ではGSもセルフスタンドや従業員の方が対応してくれるような店舗のように大きく2種類に分けられていますが、その中でも従業員の方がいらっしゃる店舗では、色々なサービスを受けることができるようになります。そのサービスにも有料となるものや無料でしてくれるようなものまでありますので、ドライバー自身が選択できるようにもなっています。
タイヤ交換を行ってくれるGSなんかもあり、突然のパンクに対しても頼りになります。

ガソリンスタンドはガソリン補給に利用しますが、実はメンテナンス作業もいろいろ行ってくれます。
それら設備や機械もあり、知識のある人がいるため時間もかからずにメンテナンスが可能なのです。
例えばオイル交換、自動車のオイルはとても重要な役割を担っています。これは人間でいう血液のような役割をしておりメンテナンスが必要なものです。
オイルの役目はエンジン内部の潤滑油ですが、ひとつはエンジン内部をきれいに洗浄しています。エンジンは空気とガソリンを混合して爆発させていますが、そこには不純物が含まれているのでそのままではエンジン内部はすぐに汚れてしまいます。
オイルはこれらを取り除いているのです。
そしてもうひとつの役目はエンジン内部を冷やしてくれているのです。
このようなオイルも長く使っていると汚れてしまい、粘度も落ちてしまったり、またオイル自体が減ってきてしまいます。
傷んだオイルを使用し続けると燃費も悪くなり、エンジンにも負担がかかってしまいます。
そのため定期的に交換が必要なので、ガソリンを補給したついでにオイルの状態をチェックしてもらい、交換が必要か判断してもらってそのまま交換してもらうととても簡単にオイル交換をしてもらうことができます。

 ガソリンスタンドにおいて出来ることは何もガソリンを入れるだけではありません。
洗車や灰皿の処理、窓ふきなどは給油の際の定番の無料サービスですが、一言を声をかければボンネット内のエンジンオイルや冷却オイル、タイヤの空気チェックなどの検査も無料でやってもらえるところが多いです。
その他有料の物も含めると、タイヤの交換やオイル類の交換など、車の整備に関することであればほとんどやって貰うことが出来ます。
車以外のサービスであれば、カフェやコンビニなどを併設しているスタンドは多くありますし、併設していなくてもタバコやガムなどを販売している会社は多いです。
また最近ではレンタカーやJAFのような緊急時に助けるサービスを行っているスタンドも多いですし、灯油販売などを行っているスタンドも多くあります。
ただし、あくまでこれらはサービスの一種であり、すべてのスタンドで行っているとは限りませんし会員向けサービスだったり有料サービスだったりするので、気を付ける必要があります。
なので近所のスタンドの所在地や電話番号、サービスをしっかりと確認しておくといざというときに使えますし、利用頻度が高いのであれば会員などになっておくと何か便利となっています。WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !