ハイオクについて

| 未分類 |

ハイオクとは「ハイオクタン」の略語で、「オクタン価」が高いという意味です。
オクタン価とは、ノッキングの起こりにくさを数値化したものです。
ノッキングとは、燃料の異常燃焼を引き起こす度合いを表します。
燃焼が適切に行われないとエンジンにダメージを与え、走行に支障をきたします。
オクタン価が高いほど、引火点が高く燃えにくいガソリンです。
燃えにくいということは、これに含まれる炭素と水素の化合物(炭化水素)をより大きく圧縮することができるということですので、燃焼時のエネルギーが大きくなり、ノッキングが起こりにくくなります。
レギュラーを入れてはいけないとよく言われる理由は、高圧縮で引火点が早めに設定されているため、安定した燃焼が期待できないためです。
それに伴い、ノッキング(異常燃焼)の危険性も高まります。
ノッキングの威力は大変恐ろしいもので、エンジンに致命的なダメージを与えてしまいます。
最近の車は、高性能で電子制御されておりノッキングセンサーが搭載されているものですので、レギュラーを入れたからといって故障することはありませんが、少なくとも本来の性能を充分に発揮できないことは確かです。
レギュラーの方が安いからといって入れることは、リスクの高いことです。