ガソリンスタンドはガソリン補給に利用しますが、実はメンテナンス作業もいろいろ行ってくれます。
それら設備や機械もあり、知識のある人がいるため時間もかからずにメンテナンスが可能なのです。
例えばオイル交換、自動車のオイルはとても重要な役割を担っています。これは人間でいう血液のような役割をしておりメンテナンスが必要なものです。
オイルの役目はエンジン内部の潤滑油ですが、ひとつはエンジン内部をきれいに洗浄しています。エンジンは空気とガソリンを混合して爆発させていますが、そこには不純物が含まれているのでそのままではエンジン内部はすぐに汚れてしまいます。
オイルはこれらを取り除いているのです。
そしてもうひとつの役目はエンジン内部を冷やしてくれているのです。
このようなオイルも長く使っていると汚れてしまい、粘度も落ちてしまったり、またオイル自体が減ってきてしまいます。
傷んだオイルを使用し続けると燃費も悪くなり、エンジンにも負担がかかってしまいます。
そのため定期的に交換が必要なので、ガソリンを補給したついでにオイルの状態をチェックしてもらい、交換が必要か判断してもらってそのまま交換してもらうととても簡単にオイル交換をしてもらうことができます。