自動車をはじめとするエンジンを搭載した乗り物などで、燃料燃料として用いられる石油にガソリンがあります。
自動車用の燃料は大きく分けて3種類の燃料があります。
ディーゼルエンジンに用いられる軽油、それ以外にはレギュラーハイオクと種別が分かれます。
この2つの燃料の違いはオクタン価と言う数値の違いです。
エンジンなどの火花点火機関において起こる異常燃焼の一種で、正常な燃焼による火炎が到達する前に、末端の燃料及び空気混合気が自発発火することによって起こり、急激な燃焼による大きな圧力変動のために金属性の打撃音が発生することをノッキングと言います。
このノッキングはオートマ車ではエンジンの改良により高性能となり起こりにくくなりましたが、ノッキングの起こりにくさを数値化したもので、とくに最近の高性能エンジンを搭載した高級車であればノッキング耐性の高いハイオクを入れることが進められるため、ハイオク仕様となります。
高性能な高級車や過給機が搭載された車にハイオク仕様が多いです。
ハイオク仕様車にレギュラーを入れると故障の原因となるため必ずハイオクを入れないといけないような説明があるのですが、現在ほとんどの車で両方の燃料対応が出来ます。
多少に燃費悪化がありますが、燃料が安いので費用対効果は効果は変わりません。