色々な地図上では、その地域にある施設が表記されていますが、その中には正式名称を略されて表記されているものもあります。その例としてよくあるものがガソリンスタンドで、アルファベットを用いて簡単にGSとかSSとの表記がされている事がありますので、このような事を理解しておけばある程度は安心して道路地図を見る事ができるようになるでしょう。
日常的にもGSを利用する事が多くありますが、通常このような施設を利用されるという事は、一番の目的はやはり燃料を補給するために利用するという事となるでしょう。勿論このような利用方法が一般的にはなされている事ではありますが、その他の目的で利用されるような事も多くあります。
今ではGSもセルフスタンドや従業員の方が対応してくれるような店舗のように大きく2種類に分けられていますが、その中でも従業員の方がいらっしゃる店舗では、色々なサービスを受けることができるようになります。そのサービスにも有料となるものや無料でしてくれるようなものまでありますので、ドライバー自身が選択できるようにもなっています。
タイヤ交換を行ってくれるGSなんかもあり、突然のパンクに対しても頼りになります。